20代の転職市場価値は何で評価されるのか?求められるビジネス基礎力

キャリアの成功を目指す上で、業種を選ぶことはとても重要です。
しかし、新卒で1社目に入社した会社が自分にとって最良の選択となることは稀です。
理由は、学生の間に明確なキャリアプランを持つことが難しいからです。

働き始めて仕事や業界のことが少しづつわかってきた段階で多くの人がキャリアについて悩みます。
「このまま、今の業界にいて良いのだろうか・・・」
「異業種への転職は可能なのか・・・」
「自分の市場価値はどれくらいなのか?」

自分は一体何ができて、何をやりたいのか、そして何をすべきなのか?
明確な目標が無かったとしても、少しづつ価値観や方向性が見えてきているはずです。

そして、「今の業界は少し違う」と感じる人も多いのではないでしょうか。

そんな方は異業種への転職を決断すべきです。

転職時の年齢が若ければ若いほど、経験業種を問わないポテンシャル採用が可能となり異業種への転職がしやすいとされています。

特に28歳、29歳の人は「若手」として転職できる最後のチャンスと考えてください。
「若手」であれば、入社後の成長に期待して未経験領域でも任せられるからです。

30歳以上になると会社の中でもミドル(中堅)扱いとなります。
年齢が上がるほど、専門スキルや経験が求められ、異業種からの採用となるとさらにハードルが高くなります。

よって、異業種への転職は20代のうちにチャレンジすべきなのです。

しかし、「自分の市場価値はどれくらいなのか?」と不安に思う人も多いかと思います。
20代のビジネスマンの市場価値は何で評価されるか?

いわゆるビジネス基礎力が指標になってきます。

根本的な力として、業種を問わずこのビジネス基礎力が求められます。

30代に突入してからは、ビジネス基礎力に加えて専門的なスキルや知識、経験が必要になってきます。

20代のうちはポテンシャル採用されるため、専門的な力よりかは、ビジネスマンとしての基礎力が求められます。

コブダイちゃん

ビジネス基礎力ってなんだ?

今回は5つのビジネス基礎力について紹介します。

この記事を読み終えると、
「異業種への転職をする際に何をアピールすれば良いか?」
「20代のうちにどんな力を伸ばせば良いか?」
これらのヒントがわかるようになります。

年間100冊以上ビジネス書を読む著者オススメの関連書籍も掲載しますので合わせてご確認ください。

こんな人に読んで欲しい
  • 20代で異業種への転職を検討している人
  • 20代の自分の市場価値を知りたい人
  • 20代のうちにビジネス基礎力を伸ばしたい人

ビジネス基礎力 対人能力

対人能力とは、文字通り人に対する能力になります。

コミュニケーション力、営業力、コーチング力、チームを束ねる統率力などが挙げられます。

なかなか定義付けが難しい力ではありますが、伝える力、親和力やマメさ、自分と他者の役割理解、場を読む力などの総合力が求められ、日頃の習慣や経験で伸ばすことができます。

ビジネス基礎力の中でも中核となる非常に重要な力となります。

ビジネス基礎力 セルフマネジメント力

自己を管理しコントロールする能力です。夢や目標に向かって自分自身を律する力によって成長の速度が変わります。

感情ではなく事実を客観的に捉える感情制御力、ストレスを力に変える発想なども大切です。

また、自信を創出するための、自分の強みの理解も必要です。
そして、行動を持続していくための日頃の習慣やスケジュール、タスク管理能力、やりきる力、も該当します。

ビジネス基礎力 PDCA力

PDCAとはPLAN(計画)、DO(実行)、CHECK(評価)、ACT(改善)をサイクルで回すことをさします。すなわち、課題を発見し、計画を立案し実践する力です。

課題発見力として、情報を収集し、本質的な理解、原因を追求することが求められます。
計画立案力は、目標設定やシナリオ構築、計画を適正に評価したり、リスクを分析したりする力です。

また、実施するための段取り力なども問われます。
実践力は、仮設検証をいかに高速で行えるか、とりあえずやってみる行動力や周囲を動かす力です。

ビジネス基礎力 処理力・思考力

言語処理力や数量的処理力が挙げられます。文章や相手の話を理解し読み解く力や、会社の数字などを分析し判断する力です。

また、処理するだけでなく思考する力も重要です。
論理的な思考力や創造的な思考力、「帰納法」「演繹法」「ブレーンストーミング」などのフレームワークで物事を考えられる力が求められます。

ビジネス基礎力 表現力

表現力が高い人は「誰に対しても何かを伝える力」が高いため仕事を円滑に進めることができます。

思考や意見をいかにわかりやすく相手に伝えるかが、仕事をする上では重要です。
表現する方法としては、話して伝える方法やパワーポイントの資料やメールなどの文書で伝える方法など様々です。

語彙力を高めたり、表現方法を訓練したり、ノウハウを学んでいく必要があります。
また、アウトプットの重要性を日頃から理解し習慣化することもオススメです。

まとめ

以上、ビジネス基礎力に関しての紹介でした。

20代のうちにこれらの能力を極限まで高めることができれば、どこに行っても通用する人材となり、人生の選択肢が増えるでしょう。

また、これから転職を考える人は自分はどの力があるか、得意不得意について分析してみてはいかがでしょうか。
得意分野や学んできたことを明確にして転職時にアピールすることができれば、転職活動も優位にすすめることができるはすです。

最後に転職する前に読んでおきたいオススメの2冊を紹介します。

「このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法」には転職先は産業の生産性が高いところを狙うべきという非常に納得感のある内容が書かれています。

また、「業界メガ再編で変わる10年後の日本」では、今後10年で産業の生産性が高まる業界はどこか予測できます。ぜひ合わせて購読してみてください!

最後までお読みいただきありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です