「楽天ゴールドカード」と「楽天カード」どっちがお得か比較してみた

数あるクレジットカードの中でも「楽天カード」はかなり優秀です。

さらにお得な「楽天ゴールドカード」はご存知でしょうか。

年会費たった2,000円(税抜)でとってもお得にポイントが貯まります。

「楽天カード」自体、一番の魅力はポイントが貯まることです。

 
出典:1分で分かる楽天エコシステム(経済圏)

楽天カードはポイントがめっちゃ貯まるね!

コブダイちゃん

「楽天ゴールドカード」はさらにお得にポイントを貯めることができます。

今回は楽天ゴールドカードがどれくらいお得なのか、「楽天カード」から「楽天ゴールドカード」に切り替えた方が良い条件について、ご紹介します。

こんな人に読んで欲しい
  • 「楽天カード」から「楽天ゴールドカード」へ切り替えを検討している人
  • 新たにお得なクレジットカードを探している人

楽天ゴールドカードとは

コブダイちゃん

楽天ゴールドカードってどれくらいお得なの?
「楽天ゴールドカード」とは年会費2,000円(税抜)と格安で使えるゴールドカードです。

楽天市場で楽天ポイントがなんと5倍になります。

通常の楽天会員で1倍、楽天カードだとプラス2倍、楽天ゴールドカードだとさらにプラス2倍、合計で5倍のポイントになります。
また、国内空港ラウンジや一部の海外空港ラウンジが年に2回まで無料で使えます。

その他、限度額が200万円、ETCの年会費が無料などの特典があります。

「楽天カード」「楽天プレミアムカード」との比較

「楽天ゴールドカード」は「楽天カード」と「楽天プレミアムカード」の中間に位置するカードです。

楽天カードと楽天プレミアムカードの良いとこどりのカードってことね!

コブダイちゃん

楽天カード ゴールド プレミアム
年会費(税抜) 無料 2,000円 10,000円
ポイント 3倍 5倍 5倍
利用可能枠 100万円 200万円 300万円
楽天ETC年会費 500円 無料 無料
空港ラウンジ 有料 年2回 全て無料

「楽天カード」と「楽天ゴールドカード」の損益分岐点は10万円

ズバリ、楽天市場で年間10万円以上を使う人は楽天ゴールドカードの方がお得です。

年会費2,000円、楽天カードよりも2%ポイントがお得になるため、

10万円×2%=2,000円

つまり、10万円以上のお買い物で年会費以上にお得にポイントが貯まります。

楽天市場で年間10万円使う方法

では、実際に無理なく年間で10万円以上使ってお得にポイントを獲得する方法を紹介します。

楽天ふるさと納税を使う

楽天ふるさと納税は、楽天市場と同じようにポイントが貯まります。

そして、ゴールドカードの+2%のポイントも問題なく反映されるのです!

サラリーマンの平均給与から寄附限度額は5万円とすると、5万円分を楽天ふるさと納税で使うことができます。

自己負担2,000円以外は税金の控除対象になるため、ポイントがただ同然で貰えるという大変お得なパターンです。

年収が500万円ですと約5万円の寄付が可能ですので、残り5万円を楽天市場で買い物するだけで、ゴールドカードの年会費を上回るポイントを所得することができます。

年収700万円では、10万円以上の寄付が可能ですので、それだけでゴールドカードにした方がお得になります。

詳しくは、別記事で紹介していますのでぜひ読んでみてください。
参考 楽天ふるさと納税でポイントを20%獲得する方法コブダイちゃんブログ

食料品を購入する

水・コメなどの食料品を購入するなどすればすぐにポイントが貯まります。

注意点は、出品店舗によって送料無料の条件が異なるので、なるべく送料が無料になる金額をまとめて買うことをおすすめします。

その他、地域の特産品の購入をおすすめします。

少し余談になりますが、私は年に1回、北海道の礼文島産の塩水うにを購入します。

最高に美味しいですよ。

楽天ブックスで本を購入する

楽天ブックスでの本の購入でもポイントはゴールドカードでプラス2倍になります。

私の場合はkindleを普段利用しているため、電子書籍化されていない本は楽天ブックスで購入するようにしています。

まとめ

  • 楽天ゴールドカードは楽天市場で年間10万円以上使うならお得
  • 楽天カードと楽天プレミアムの良いとこどりで一番おすすめ
  • 楽天ふるさと納税と合わせて利用がおすすめ

ぜひ楽天ゴールドカードを検討してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です