パラレルワークの意味と副業との違い

パラレルワークという言葉を耳にしたことはないでしょうか?

パラレルキャリアやパラワークとも表現されています。

複数の場所で本業を行うことをパラレルワークと言います。

徐々に認知されてきたが、まだまだ知られておらず、副業とも混同されがちです。

これから副業や転職を考えている方は、新たなスタイルとしてパラレルワークという言葉の意味を知っていて損はないでしょう。

多種多様な働き方が求められる今の時代に、今後、沸騰間違いないワードです。

「パラレルワークとは一体どういう意味か?」

「単なる副業と何が違うのか?」についてご紹介します。

パラレルワークとは?副業との違いは?

パラレルワークとは複数の本業を持ち、収入意外にも個人の成長を目的とした

働き方のことを指します。

「副業」とは、本業に加えて生活をするために、副収入を得ることを目的としています。

しかし、パラレルワークは「複業」とも言われ、本業を複数持つことによって自分なりの個性的な経験を積めます。
収入だけでなく、より多くのスキルや人脈を得ることを目的とします。

パラレルワークのメリット

  • スキルアップができる。
  • 視野が拡がる。
  • 人脈が拡がる。
  • 生産性の高い働き方ができる。
  • 結果的に収入増が見込める。
  • 一社に依存せずリスクヘッジになる。
  • チャレンジングになる

パラレルワークのデメリット

  • 専属ではないため、信頼されにくい。
  • 任される領域に制限がある。
  • 元の本業が疎かになる
  • 情報漏洩のリスクがある
  • 時間管理、税金の管理が自己管理の必要性がある。

パラレルワークに向いている人

即戦力の専門スキル人材

会社の部署やプロジェクトに不足している特別なスキルがパラレルワーカーには求められます。

  • プログラミングスキル
  • クリエイティブスキル
  • マーケテイングスキル

将来的には営業系、管理系の人材の需要も

営業、人事、会計、経理などの分野でも、

特別なスキルがあれば今後はパラレルワーカーとして

求められるスキルになるでしょう。

日本の企業では、何でもできるジェネラリスト

が求められてきました。

しかし、今は特化型のスペシャリスト人材が求められます。

柔軟性とコミュニケーション能力

パラレルワークはいろんな会社で様々な人との仕事で、

スキルを発揮していく必要があります。

外部の人間として参加するため、

環境にすぐに馴染む柔軟性や、

多種多様な人材とコミュニケーションをとれる力が求められます。

パラレルワークの始め方

クラウドサービスやスキルシェアのサイトで始められます。

クラウドワークス、ランサーズなどは有名どころです。

まとめ

パラレルワークとは副業ではなく複業を意味する。

メリットは、スキルアップと収入アップ、生産性高くチャレンジできる!

デメリットは、自己管理の必要性がある。

斡旋サービスも普及してくるので、様々な職種の方にチャンスが来ます。

今のうちから情報を集めて、得意なことや好きなことで準備をすることをおすすめします!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です