ブログ歴1カ月で得た記事を書くための習慣と工夫

ブログ歴1カ月と少ししかありませんが、2日1回はブログを更新しております。

初心者でも簡単に記事を書くことができる方法を見つけたからです。記事を書くことを生活の一部として習慣化することで効率よく自然にブログの執筆ができるようになりました。

また、効率よく進める中で質を落とさないための工夫も身についてきました。

今日からすぐに実践できる記事を書く習慣と質を高める工夫について紹介します。

ブログマスターになるぞー!

コブダイちゃん

ブログの記事執筆の習慣化

毎日ブログを書くことを意思の力だけに頼ると、なかなか続かない。ましてや、仕事をしながら副業でブログを書くことはハードルが高いです。

しかし、私はブログの記事を2日1回のペースで更新することができております。

なぜなら、時間帯別に作業する内容を決めて、習慣化することに成功したからです。どのようなルーティンで記事を書いているか紹介します。

  1. 日中は次に書くネタを仕事中や休憩の合間に考えます。思い浮かんだネタをevernoteに記録します。
  2. 夜は記事を書かず、ネタの構成だけをマインドマップで作成します。
  3. 朝に早起きして1時間ほどかけて記事を完成させる。

上記3つのSTEPに分けて1日を過ごすようにしてから継続的に記事を更新することができております。

当初は仕事終わりの夜にネタを考え、構成を練って、記事を書いてアップしていました。しかし、夜は疲れている上に一気にこの工程を進めることが辛くなってきました。

そこで、工程を3つに分解し、適切な時間帯にそれぞれの作業をすることで克服することができました。

生産性が上がり内容の質も向上しました。

ネタ探しはパッっと思い浮かばないこともあるので、日中常に考えて、日々過ごす中でネタを溜め込んでいくようにしました。日頃からネタが思い浮かんだらevernoteにメモするようにしており、いろんなネタ候補が蓄積されています。

夜は疲れて精度が落ちるので、完成度が求められない記事の構成作りに専念することにしました。

そして、それぞれの工程を経て、朝早起きをして一気に執筆しアップロードするようにしております。

短時間で一番集中できる時間帯が良いという理由から朝に書くようにしました。

これらが自然と習慣となり、日々ブログの記事をアップすることができております。

 

MEMO
2日に1回は、ブログ関連の情報収集とリライト、サイトのブラッシュアップなどに時間を費やす日を設けております。

構成の工夫

構成を作成するときに以下の項目と注意点についてマインドマップを作成します。

  1. 記事のベネフィット:読者がこの記事を読むことでどんな利益を得られるか
  2. 書き出し分:結論を先に言う、読み終わりの状態、記事を読むことで得られるベネフィットを明記
  3. 見出しと本文:内容を決める、漏れ被りがないようにする
  4. キーワード:読者に検索してもらいたいキーワードを入れる、ベネフィットが明確になるワードを入れる
  5. ペルソナ設定:どんな人に読んでもらいたいか、どんな人に有益か、性別・年齢・性格などを設定する

完成度は80%で十分

ここでポイントなのが完璧な文章ではなくて良いこと。丁寧かつ伝わる文章にするので、とにかくこの段階では、情報の網羅性や信憑性、有益な情報かどうかなどを意識します。

細かいけど工夫している項目

下記は記事途中、作成後にチェック項目として使用してみてください。

  • 内容に漏れや被りがないか
  • 堅くないか、ある程度の口語表現になっているか
  • 二重否定・二重表現はしない
  • 専門用語はできる限り使わない
  • 聞きなれないカタカナは使わない
  • 読みにくい漢字は全てひらがなに

記事作成後の反映前チェック

記事作成後は下記にて反映する前にチェックを行います。

  • 声に出して3回読む
  • PC・スマホで読む
  • 家族など近い人に読んでもらう
  • 一晩寝てからもう一度読む
  • 誤字脱字がないか
  • 中学生でも理解できる文章になっているか
  • 読者の立場で読みたいと思えるか
  • コンテンツを読むだけで実行できるほどの仕上がりか

まとめ

  • ネタ決め、構成、執筆と3つに分けて作業し、日々の習慣に取り込む。
  • 構成を夜のうちに完成させて、早朝に記事を執筆するパターンがおすすめ。
  • 日中はネタを考え、良いのがあればevernoteにすぐ書き込む。
  • 構成の工夫や記事作成後の反映前チェックも欠かさない。
 

ご紹介した方法で効率よく楽しくブログを続けることができます。

ぜひ参考にしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です