市川市民納涼花火大会(江戸川区花火大会)有料席レビュー

夏はやっぱり花火大会と言いたいところですが、
とにかく混むし、場所取りも大変、お昼間から場所取りする人も、、、

「汗を流した割にちゃんと見れないかもしれない不安」

そんな方に、有料席で実際に観覧したレビューをお届けします。

市川市民納涼花火大会概要

毎年140万人以上訪れる、江戸川上空に打ち上げられる日本屈指の花火大会です。

人気の高さゆえ、混雑具合も半端ないです。。

1時間ほどの短い間に1万4000発打ち上げられる、濃密かつ豪華な花火です。

特にオープニングとフィナーレがすばらしいです。

オープニングは1000発の花火が10箇所から僅か5秒間の間に打ち上げられます。
圧巻!江戸川を挟んで、東京都江戸川区側と千葉県市川側から観覧できます。

江戸川区側は企業に配られる協賛席しかなく、有料席は市川市側のみになります。

今回は市川側からの有料席レビューを紹介します。

有料席詳細

桟敷席:最大4名1万8000円

ペア席:2名9000円~1万円

イス席:1名6000円。

販売は6月下旬、おすすめは4名席。一人当たり4500円ですね。

3名席はないため、4名席分の料金を3名で割ることになります。
席には板が敷かれており、4人で大体畳一畳分くらいのスペースです。(正式には180×90cm )
隣のスペースと50cmほど間があるので、足を伸ばしたり、荷物を置いたり、ペース以上に広く使えます。
お子さん連れも多く、傍にベビーカーを置くスペースも十分あります。

場所もかなり近くて見やすいです。丸々見えます。
混まない、広々、花火が良く見える、4,500円の価値はあると思います。

 

結論、有料席めちゃくちゃおすすめです。

購入方法について

チケットぴあで購入できます。店舗としては、下記コンビニが対象です。

  • サークルK・サンクスの各店舗( Kステーション)
  • セブンイレブン(マルチコピー機)

全く入手できないというわけではありませんが、

少なくとも1週間以内には購入しておくことをおすすめします。

売り切れた場合はヤフオクなどのオークションで倍以上の値段で取引されています・・・

会場アクセス

市川駅から30分くらいを目安に移動。

通常であれば15分くらいで移動できる距離ですが、混雑しているため余裕を見た方が良いでしょう。

有料席に関しては、経路の途中で受付があり、

チケットを見せることで入場、受付後は混雑することなくスムーズに場所までたどり着きます。

手にスタンプが押されるので再入場も可能です。

注意点

今回の花火大会で気づいた注意点を記載します。

こちらは有料席、市川花火大会に限らず、

これからまだまだ続く、花火シーズンに向けて参考にしてください。

  • トイレは前もっていくべし
  • 設営トイレはオープニング中は比較的空いている
  • 腰が痛いので対策必要
  • 見上げるので首が痛くなる対策必要
  • 駅の改札チャージ残高不足でめっちゃ並ぶ (以外と見落としがち・・)

まとめ

有料席は最高です。発売時期1週間以内の購入をおすすめ。

混むので、市川駅から会場まで30分を目安に移動してください。

ぜひ2019年は有料席を検討してみてくださいね。

そして、今年もまだまだ花火大会は続きますので、参考にしてください。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です