アフィリエイトの市場と成功確率について調べてみた

厚生労働省では働き方改革を推進、

副業OKの会社が増え、パラレルワークという新たな言葉も耳にしたり、

「とても共感できるし、憧れを抱くけれども、何からスタートすれば良いか?」

アフィリエイトをオススメします。

仮に、アフィリエイトで月10万円の副業収入を得ることができれば、

人生の選択肢もさらに増えるのではないでしょうか。

アフィリエイトは本当に稼げるのか?

どれくらい稼げるのか?

そんな疑問にお答えするために、アフィリエイトの市場と成功確率を調べてみました。

アフィリエイトとは

おすすめのアフィリエイト書籍

とりあえずGoogle先生で、

アフリエイト おすすめ 本で検索。

ふむふむ・・
アフリエイトではなく、アフィリエイトか・・・

書評高め、読みやすそうで、全体感を把握できそうな本をKindleストアでポチッと購入。
とてもわかりやすく短時間でブログアフィリエイトの概要と始め方を理解しました。
読書に要した時間は約3時間。実務的なところはあとで読み直すとして、とにかくさらっと読みました。


とりあえず、はてなブログが利便性が高く検索順位が上がりやすい、とのことで開設。

現在はワードプレスに移行しました。
WordPress有料テーマSANGOに変えてみた率直な感想

アフィリエイトで収入を得るまでの流れ

  1.  ブログで記事をたくさん書く
  2.  Googleに少しづつ評価される
  3.  読んだ人に共感される
  4.  多くの人が訪れるようになる
  5.  訪問者に、おすすめのサービスや商品を紹介する
  6.  収入が得られるようになっている

といった感じでしょうか。。割と参入ハードルは低そう・・・

毎月100万円以上の収入を得るひともいるらしい・・・そんなおいしい話あるのか?と疑問に感じ、

アフィリエイトについて、以下を調べてみました。

  •  市場規模
  •  人口
  •  収入

アフィリエイトの市場規模

2017年度のアフィリエイト市場規模は、

約2.300億円 (前年度比13.5%増)だそうです。

近しい規模で例えると、、、

プロ野球12球団で1,400億円

アイドル業界で2,000億円

アフィリエイトは2,300億円です。

アフィリエイト>アイドル>プロ野球

さらに、成長率は毎年約10%以上伸びているようで、

ネット通販市場、EC化率などもまだまだ伸びている背景から、

この先もアフィリエイト市場規模は堅調に推移、

2020年には3,500億円との予測もあるみたいです。

アフィリエイト人口

市場規模はそこそこ大きいことがわかりましたが、

人口が多いと稼げないのでは?

なかなか、アフィリエイト人口という厳密なデータがなさそうですが、

とある会社の調査では380万人とのデータもあるみたいです。

ただ、この中で実際にアクティブなライターがどれほどいるかは予測しづらいです。

アフィリエイト収入

アフィリエイト・マーケティング協会によると、

「収入なし」  が 23.3%

「1,000 円未満」が14.5%

4割近くがほぼ収入がないのですね。。

1割が5,000円未満

2割が10万未満

2割が10万以上

1割が100 万円越え・・・

100万越えが1割というのは意外と多く、夢がありますね。。

当初わたくしがざっくりイメージしていた10万円以上の収入は

上位3割に入る必要があるみたいですね。。

ちなみに、開始1年未満の割合は37.4%とのことです。

このデータから継続さえすればある程度稼げるのでは?と考えられます。

収入がない割合が4割、おそらくほとんどの人が開始1年未満かつ収入なし。

「続かないひとは稼げない」と読み取れますね! 

本にも書いていましたが、まずは続けることが大切と、、、、

何事も継続ですね。

まとめ

  • アフィリエイト市場規模は大きく、成長している
  • 稼いでいるひともいるが稼いでないひとも半数近くいる
  • 続けることができれば稼げる

ブログは日々の考えをアウトプットするので、思考が整理される。
アウトプットするために、インプットも増える。

さらに収入を得られならば、会社に依存することがなくなり、人生の選択肢が増える。

胸ポケットに辞表をいれてチャレンジングに本業に取り組める」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です