「全力で成長しろ!」と上司に言われるとやる気がなくなる理由あるいはその対策

先日、上司から「全力で成長しろ!」と指導を受けた。

プロジェクトのとあるセッションで、上司が求めている期待値に到達していなかったため、
成長しろと咎められたのだが、とても違和感があった。

なぜなら、成長のペースや方向性、努力の仕方や量については、本人が決めることで、他者が干渉することではないと思っているから。

仕事をする中で「成長すること」自体は望んでいることであるが、上司が期待する自分と、自分がなりたい自分にギャップがある。

それを上司が強要することは些かおかしいと思う。

マイクロマネジメントには断固として反対する

なぜマイクロマネジメントをするのか?

チームをマネジメントする立場からすると、部下一人一人の行動を事細かに指示や確認することで、自分自身が安心したいというのが大きな理由だと思う。

しかし、部下はモチベーションが下がってしまう。
人は根本的に裁量権を持って仕事をしたいはず。
あれこれ指示をされてしまうとモチベーションが下がってしまう。

上司のために働きたいとは思っていないのに、上司のために働いている感覚になる。
そうなると、何のために仕事をしているかわからなくなる。

「成長」に関することになると、本人こそが裁量を持つべきことであることから、
なおさらモチベーションを大きく下げてしまう。

では上司に全力で成長しろ!と言われたらどうすべきか

まずは自分自身がどう成長したいか、あるいは成長したくないかを整理して上司に伝えるべきだと思う。
自分自身が何のために働いていて、どうなっていきたいのか?が整理できれば、その意思をまずは伝えてみることが大事。

仮に成長したくないということであればその旨を伝えてみる。それに対して、納得してもらえればとりあえずは良い。

しかし、「それでもこうなるべきだ!」と強要された場合は、聞いたふりをするかその上司と働くことを諦める。
聞いたフリをして、自分のためだけに頑張る。
それでもダメなら、社内で異動するか、会社を変えるべきだと思う。

今や人材の流動性も高まっている世の中で、成長したいしたくないは本人の自由、成長したい方向に成長し、それぞれのマインドやスキルにあった場所でパフォーマンスを発揮することを自分自身で選ぶことができる。会社や上司が全力で成長しろ!と強要する権利はどこにもない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です