ブラック企業の特徴と意外なメリット、絶対に辞めるべき理由

働き方改革の推進、世の中は企業のホワイト化にまっしぐらな印象ですが、

まだまだブラック企業は残存しております。

私も新卒でブラック企業に入社し、6年間働いた経験があります。

実際の経験をもとに、ブラック企業の特徴と、働く中で感じた意外なメリットを紹介します。

とはいえ、ブラック企業は「絶対に辞めた方が良い」ので、その理由もお伝えします。

ブラック企業の特徴

労働時間が長い

23時を超えることはざら。40日間連勤をしたこともあります。

長い時間働くことを美学とする謎の文化があります。

わざと遅い時間にメールを送り、遅くまで働いているアピールをし、賞賛される。

「昨日仕事で寝てないっす」など中二病的な発言もしばし見受けられます。

給料が安い

市場に対して人が少ない、生産性が低い、つまり、一人当たりの稼ぐ金額が少ないため、

給与が安くなります。

これは会社だけのせいではなく、産業自体の問題でもあります。

給与を高く支払うことができる会社は、無理に働かせる必要はないのです。

休みが少ない

シフト制、有給はほとんど使えません。

休日に出社も強要されたことも多々あります。

経営陣の権力が強い

経営陣が崇められています。鶴の一声で計画が一転することも多々あり。

周りの人はどんなことがあっても「YES」しか言いません。

精神論に溢れる

「根性でなんとかします。」

「気合入れていきましょう。」

そんな言葉が毎日飛び交います。

おはようございます。

今月、ついに最終週ですね。

月間の予算からビハインドを抱えておりますが、

気合い入れていきましょう。

上記のようなメールが普通に飛び交います。そして、皆同じような内容で返信します。

盛り上がっていきましょう。

わっしょい!気合い・根性で乗り切ろう1

ふざけてる人はいません。こういったやりとりが習慣的に行われます。

新入社員を洗脳することに全力を注ぐ

新入社員に対して、

「これ以上の成長環境はない」

「大企業は自分たちで作るものだ」

「主体的であれ、自責の念を忘れるな」

と刷り込み教育を徹底的に行います。
無理をさせても辞めないような思考にすることを目的としています。

私は、入社して間も無いころに、外部研修に参加させられました。
2泊3日の合宿で電通の鬼十則という電通の企業理念を丸暗記し、ひたすら叫ぶ研修でした。

講師には怒鳴られ続けます。喉が枯れるくらい鬼十則を叫び続け、気持ちがどんどんハイになっていく体験をしました。
非日常を経験することで理不尽への耐性をつけさせたかったようです。

予算が基本達成不可能

どうあがいても届かない予算を設定する傾向にあります。
達成したらさらに予算が上がり続けます。

また、外部向けの予算と比べても、内部向けの予算はかなり高く設定されます。
数字設定の根拠の説明はほとんどないです。

そして、「未達は自分たちのせいだから給料少なくても文句言うなよ」となります。

ブラック企業で働く意外なメリット

出世しやすい

優秀な人材が少ない、辞める人が多い、

そのため、生き残り成果を積み重ね、気合と根性論に便乗すれば、出世できます。

2年目までの成長が早い

社会人1年目からは、仕事量が多いことで成長できます。

そのため、2年目くらいまでは絶対量の差から成長が早くなります。

3年目からインプットの質が悪いため、誰を手本にして良いやら、大きな壁にぶつかります。

客観的に物事を捉える力が身につく

常に冷静な目を保たないとやっていけないこともあり、事業や同僚、会社の仕組みなどを客観的に捉えるようになります。

なぜなら、ブラック企業は日々違和感との戦いなので、どこか冷静に客観視するという習慣が身につきます。

とはいえ、絶対に辞めた方が良い理由

意外なメリットとして一部紹介しましたが、

とはいえ、ブラック企業は絶対に辞めた方が良いです。

得られるメリットは微々たるものです。

1番の理由は個人の成長が抑制されること。
ブラック企業は産業の生産性が低いゆえに、薄給で長時間労働を強いられます。

管理しようとする傾向が強く、クリエィティブな仕事は少ないです。インプットする機会が少なく、心身ともに疲弊し、時間外に学ぶことも難しいです。個人の成長ができません。ビジョンが明確でないゆえに、抽象的な精神論が飛び交います。つまり、自分にも会社にも未来がないことを意味します。

そこで、たとえ出世しようが、社内で必要とされようが、会社が発展せず倒産するリスクや、
何より個人として成長できず時が過ぎていくことが最大のリスクです。

冷静になって、今の会社はブラック企業と判断できるのであれば、辞めることを考えて前に進みましょう。
会社に行くことが既に辛くなっている方は会社を休んでください。

身体が先に信号を発してくれていることもあります。休むことは悪いことではありません。
休んでリラックスして、辞めるべきか一度考えてみましょう。

そして、勇気ある一歩を踏み出しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です